保護者の方へ(治癒証明書など)

DENIM UNIFORM FOR KANZEI HIGH SCHOOL

DENIM UNIFORM FOR KANZEI HIGH SCHOOL

130th KANZEI

DENIM UNIFORM FOR KANZEI HIGH SCHOOL

日本で初めてデニム制服を採用。キミが歴史の証人に。

関西高等学校は1887年(明治20年)に岡山薬学校として開校し尋常中学校から関西高等学校へと歴史を重ね
2017年(平成29年)に創立130周年を迎えました。
それに合わせ、時代の要請に沿った学校改革と教育内容の充実はもとより、制服も新たにいたしました。

岡山を代表する産業の2つである「学生服」と「デニム」は、伝統を重んじながらも、常に時代に合わせて進化し続けています。
それにならい、関西高等学校から伝統と進化を続ける岡山の歴史を担う人になってほしいと願い、日本初のデニム制服が誕生しました。

3年間、毎日そばにいる相棒

新制服のデニムジャケットとパンツは、程よいストレッチが効いているので、動きやすさ、扱いやすさは育ち盛りの男子高校生にぴったり。デニムは、国籍、性別、季節に左右されないユニバーサルな衣料です。関西高等学校の校訓「天分発揮、敢為の精神、質実剛健」を体現した素材であると考えました。

岡山で挑戦するということ

岡山を代表する産業の2つである「学生服」と「ジーンズ(デニム)」は、伝統を重んじながらも、常に時代に合わせて進化し続けています。
創立130周年を迎え、新たな一歩を生み出す関西高校に相応しい新制服にするべく、地元ジーンズメーカー:株式会社ジャパンブルー(桃太郎ジーンズ)の協力のもと「日本初のデニム制服」が誕生しました。

関西のシンボル「鷲」刺繍 関西のシンボル「鷲」刺繍
関西のシンボル「鷲」刺繍

未来へ羽ばたく関西高等学校のシンボルをいつも身につけておく意味で鷲を胸ポケットに刺繍しました。

スクールカラーのステッチ スクールカラーのステッチ
スクールカラーのステッチ

フォーマルでありながらカジュアルな装いを実現。デニムの紺色にオレンジ色の糸がしっかり映えて相性抜群です。

「桃太郎ジーンズ」タグ 「桃太郎ジーンズ」タグ
「桃太郎ジーンズ」タグ

「桃太郎ジーンズ」ブランドネームジャケット内側とズボンの後ろにルーブに桃太郎ジーンズのブランドネームが付属しています。

伝統と革新による
デニムとしても新しいかたち

デニム素材はジャパンブルーの新開発のデニム素材「SHIN(シン)デニム」を使用。撥水性やストレッチ性があり、約8万回の耐摩耗検査をクリアしています。

家庭用洗濯機で丸洗い可能 ◎
家庭用洗濯機で丸洗い可能 ◎

中心を白いまま残す一般的なデニムと比べ、「シン・デニム」は糸の芯まで染めるため洗濯しても色はほぼそのまま。もちろん他の衣類と一緒に洗うことも可能です。また、擦れても傷みにくい糸を採用しているので普通のデニムと比べても約2.5~3倍の強度を保つことができます。

コストにおけるメリット
コストにおけるメリット

良質なブランドデニムを使用しているにも関わらず、通常の私立高校の制服のおよそ2/3程の価格で購入できます。
また、家庭用洗濯機で丸洗い可能な上、学校や岡山駅前でアフターサービスも受け付けています。取り扱いもしやすく、費用の負担が軽減されます。

制服のアフターサービス

制服のアフターサービスは、学校にて対応致しますのでお気軽にお申し出ください。
また、学校がお休みでお急ぎの際には、桃太郎ジーンズ岡山駅店(岡山市北区駅元町1-1 岡山駅 1F サンフェスタ岡山)での受付も可能です。

ALL ITEMS制服セットアイテム一覧

制服セットアイテム一覧

制服セットアイテム一覧

KANZEI DENIM
coordinate shot
関西高校での生活風景

関西高校での生活風景01
関西高校での生活風景02
関西高校での生活風景03
関西高校での生活風景04
関西高校での生活風景05
関西高校での生活風景06
関西高校での生活風景07
関西高校での生活風景08

制服を変更するにあたり、敢為の精神、天分発揮、質実剛健の校訓を活かせる素材として、
岡山の歴史を担うデニムの制服を選びました。
元々は瀬戸内の塩の生産から綿花栽培、繊維産業へそして学生服、そして現在、
国内外での知名度が著しくなったジーンズの制服は、歴史を背負う関西高校にこそ似つかわしいと考えております。
ジーンズは、年齢、国籍、性別、季節の壁の無い最も民主的な衣料と言われている非常にユニバーサルな衣料です。
岡山の被服産業で培われた知識や技術が現在の岡山のデニムへと受け継がれています。
個として自立し、広く社会で活躍するために、
デニムの持つオープンマインドの力と地元の先人たちの敢為の精神を貫いた結果の繊維産業を理解し、
母校と地元に誇りを持って高校生活を送ってくれるでしょう。

PAGE TOP

新制服

新校舎

新制服

新校舎

サイトマップ