ITビジネス科

ITビジネス科

ITビジネス科

ITビジネス科の目指す学習内容
ホームページ制作/ウェブデザイン/アプリ関連/動画制作/商品開発/プログラミング
ITビジネス科で取得可能各種検定
日商簿記検定/全商英語検定/全商簿記検定/全商情報処理検定/全商ビジネス実務文書検定/全商珠算電卓検定

アドバンスコース

資格を活かして商業系の大学へ

2年次にコース選択

アドバンスコース

商業の検定を活かして有名大学へ進学

大学に進学し、商業・経済系学部で学びたい生徒が、各種検定合格と大学進学を両立できるコースです。簿記検定合格が受験条件の大学や、全商1級以上など上級の有級者のみに開かれる進路に有効です。指定校推薦枠の充実と「英・国」重点の授業によって、県内商業科男子の中では進学者数、進学率ともに上位です。検定合格で商業・経済系学部への「指定校推薦枠」進学を目指します。学び合うことで「他人に伝えること」を、インターンシップ・販売実習では「地域社会との繋がり」でコミュニケーションの大切さを学びます。

コースの特徴と取り組み
検定対策特別カリキュラムで集中補習
<簿記検定><情報処理検定>
夏期や冬期の長期休暇中に検定補習(簿記検定の強化補習、英語検定の補習)を実施し、検定合格を目指します。
3種検定の1級合格を目指す 放課後活用で進学の幅を拡げる
簿記・情報処理などの検定合格を目指すために放課後にも補習授業をおこなっています。上記検定合格を達成することで、大学進学への可能性も広がります。

ビジネスコース

IT系の技術、検定や資格を活かして進学・就職を目指す

2年次にコース選択

ビジネスコース

最新のIT技術の活用方法を学び、経済や経営の分野に活かす

ウェブサイト制作に必要な知識や技術を基礎から学び、発信できるコンテンツ作りを目指します。授業で学ぶIT技術を応用しホームページの制作やeコマース(電子商取引)にも挑戦。また、その完成品を実際にインターネット上で公開する予定です。商品開発やマーケティングなども学び、ビジネス経済の基礎を身につけてゆきます。

コースの特徴と取り組み
インターネット時代に必要な能力を高度に理解する力(リテラシー)を学ぶ
現代社会でのライフラインのひとつになったインターネットを正しく理解して、「情報を扱う」「ウェブサイトを作る」「動画を配信する」といったことを中心に、どのように活用していくのか?といったことを学びます。
EC(ネットショッピング)のサイト制作やアプリ制作を通じてビジネスを学ぶ
ウェブサイトやアプリを制作するだけではなく、サイトの運営やアプリ配信のための方法や手順を通じて、ビジネス社会での経済の仕組みを学びます。在学時の株式会社運営も視野に入れています。

PAGE TOP

オープンスクール

オープンスクール

サイトマップ